ブログ

コロナ時代にできるフリーターや学生におすすめな仕事について[実体験あり]

コロナの影響で失業しました。バイトをしたいのですが求人がないです。

今回はこのような悩みをお持ちの方に向けて書いています。

記事の内容

  • コロナ時代アルバイトができなくなるとどうなるのか?
  • コロナ時代の仕事の特徴について
  • 3蜜を回避した仕事の特徴
  • 在宅で働く仕事の特徴
  • 私自身の仕事体験談

 

新型コロナウイルスの拡大で学生やフリーターなど仕事をする場所自体が限られるようになりました。

かなり不安な状態が続く中現在アルバイトができるのか、またどの様なバイトがあるのかについて書いていきたいと思います。

コロナ時代突入アルバイトができなくなるとどうなるのか?

今現在、コロナの影響で仕事をアルバイトを含めて仕事を失った人が多くなっています。

影響を受けた人の多くは、学生のアルバイトやフリーターなど主に接客で仕事をしてた人の経済的ダメージは計り知れません。

コロナ時代にできる仕事の特徴について

コロナ時代にできる仕事の特徴は以下の2通りです。

特徴

3蜜を回避した仕事

在宅で働く仕事

3蜜を回避した仕事の特徴

3蜜を回避した職場で働く必要があります。

そもそも三密とは?

密集→人が集まりすぎない

密閉→締め切った空間

密接→人との距離感をとった職場

上記の内容に沿ってソーシャルディスタンス(適切な距離感)を取った職場で働く必要があります。

主な職場

1 工場

2 警備員

3 倉庫作業

上記のように極力人と接する事が少ない仕事が多いと言えます。

こういったところはバイトの求人も比較的多い傾向がありますので検討してみてはどうでしょうか?

在宅で働く仕事の特徴

おもにインターネットを使った仕事の事です。

人とは接する必要なくパソコン一つで働けるので上記の3蜜(密集・密閉・密接)の環境を防ぐ事ができます。

主な仕事

1 ライティング

2 文字起こし

3 データ入力

など、主にクラウドソーシングサービスを使って仕事を受注する事ができます。

主なクラウドソーシングサービス一覧

クラウドワークス

ランサーズ

これらは審査なしで無料で登録できるので自分に合う仕事があるのか確認する事をおすすめします。

実体験 コロナ失業をしてどんな仕事始めたのか?

私自身3月にイベント会社で働いていたのですが緊急事態宣言によって職を失いました。

ここからは実体験をもとに自分がどのような仕事をしてるかご紹介していきます。

私が失業して始めた仕事3つ

実体験1 工場などのシールを貼る仕事

実体験2 クラウドワークスを使ってライティングをする仕事

実体験3 ブログ作成 (これは未来に投資です)

この3つのうち「実体験2」「実体験3」については今現在仕事を失ってしまった人に強くおすすめな仕事です。

それでは詳しく説明していきますね!!

実体験1 シールを貼る仕事とは?

まず始めに、食品工場内でシールを貼る仕事を始めました。

イメージとしては

食品が流れてくる→シールを貼る→食品が流れてくる→シールを貼る

このパターンの繰り返しですね。

業務内容 食品にシールを貼る
時給 1000円
労働時間 8:00~17:00

この仕事で求められることは「スピード」「正確さ」を求められいかに早く、正確にできるかが求められます。

他の倉庫の仕事と違い所は重い物を持たなくてもいいと言うメリットがあり女性でも気にせず働く事が可能です。

 

 

実体験2 なぜWebライティングを始めたのか?

シールを貼る仕事と同時にクラウドワークスを使ってWebライティングの仕事も始めました。

なぜWebライティングの仕事を始めたかと話すと、これからのコロナの時代ネットで稼げないと正直きつい時代になると感じたからです。

クラウドワークスにはWebライティング意外にも仕事がありますし、スキルが無くても気楽に始める事ができますので、フリーターや学生におすすめです

例えば

文字起こし

データ入力

オンライン秘書

プログラミング

これらは一例でしかありません。

どんな仕事があるか無料で登録できますので見てみるだけでも現状が良くなるかもしれませんね。

私自身は、Webライティングを選んだ理由がありまして、ブログとの相性が良い点です。

詳しくは実体験3でなぜブログとの相性が良いのか解説していきますね。

実体験3 ブログをなぜ始めたのか?

先ほどの続きでなぜブログを始めたのかについて解説したいと思います。

1コロナの影響を受け自分自身で稼ぐ能力が欲しかったから

2Webライティングで受注する為に文章を書く練習をしたかったから

3これからの時代会社に「依存」して生きていく事が難しいと感じたから

4パソコン1つでできるから

上記の1つがあげられます。

私自身ネットの知識に関してほぼ無い状態で始める事にしましたが、難しい事はありませんし、料金も「ドメイン」「サーバー」を契約するだけなので比較的安価で始める事ができました。

 

また、実体験2のWebライティングと相性が良いので現在は、Webライティングの仕事をしつつ自分のブログを作成しています。

 

[体験談]コロナ失業を経てブログを始めて感じた事について

このような悩みにお答えします。 この記事の内容 なぜブログを始めたのか コロナ失業して感じた事 ブログの始め方について 上記の内容でこの記事は書かれています。 この記事では私がコロナの影響で失業してブ ...

続きを見る

 

まとめ バイトしつつネットで稼げるようになろう

確かにコロナウイルスで失業し、職を失いました。

しかし、逆にチャンスと思い行動する事が大切だと私は感じます。

フリーターや学生がアルバイトや仕事を若い時に失った事は数年後に「ラッキー」と思えているよう行動あるのみです。

まずは三蜜を回避した仕事をしつつ、休みの日に「ブログ」や「クラウドワークス」と言ったインターネットを使用した仕事で収入を得て見てください。

この記事を見た人のより良い日常になりますように

-ブログ