フリーター

[実体験]失業した場合実家に戻る事をおすすめする理由

失業しました。今一人暮らしをしています。フリーターで一人暮らしはきついですか?

この疑問をお持ちの方にこの記事は書かれています。

この記事の内容

  • フリーターで一人暮らしはきつい理由とは

  • 実家に戻れない場合はリゾートバイトがおすすめ

今現在新型コロナウイルスの影響を受け、失業してしまった人が多いと思います。

1人暮らしをしている人は、「このまま続けていけるのだろうか?」など不安に感じる事は少なくありません。

私自身失業し、フリーターとして一人暮らしをしていましたが結構きつかったです。(詳しくは本編で紹介します。)

 

結論から言いますと実家に戻るメリットの方がかなり大きいです。

出来るだけ早く戻る事をおすすめします。

前置きが長くなりましたがさっそく本編に進みます。

フリーターで一人暮らしはきついの?

まず最初にフリーターで一人暮らしがきつい理由について紹介します。

私自身、失業し都内で一人暮らしをしていた経験やネットで調べた情報をまとめた所大きく分けて2つの理由がありました。

理由としては、以下の通りになります。

理由

  • 常にお金の不安を感じる。
  • 急いで転職した場合ブラック企業の可能性が高い

 

上記の理由について詳しく説明しますね。

 

常にお金の不安を感じる

正社員と非正規社員の場合は給料が減ってしまい常にお金に関して不安を抱いた生活になってしまう事も少なくありません。

失業保険を貰えれば良いのですが、貰えないパターンの人も少なくありません。

失業手当は貰えたとしても、自己都合退社の場合最低2ヶ月の給付待機期間と7日の待機期間待たないと失業保険をもらう事が出来ません。

すぐに失業保険をもらえたら良いのに、、
会社都合代謝の場合は給付待機期間の2ヶ月を待たずに失業保険を得ることが出来ます。

しかし、会社都合退社になる為には条件が厳しいのが現状です。

その為、この期間の間に実家に戻る事でお金の不安を解消する事が出来ます。

急いで転職した場合ブラック企業の可能性が高い

もし就職したい場合、急いでしまった場合ブラック企業に就職してしまう事は少なくありません。

転職先がブラック企業だった場合、早期退職や体を壊してしまう可能性だったあります。

その為転職活動は自分に合った仕事を見つける為も時間をかけてでも探す必要があります。

私の個人的な意見ですが、これからの時代正社員にこだわる必要がないと私は考えます。

なぜらな、これからの時代「コロナウイルスの影響」や「AIの発達」で正社員でも安定した仕事をする事は難しくなっているからです。

やりたくない事をやらない方が今後の為になります。

[体験談]私がフリーターで一人暮らしをして感じた事

ここからは、私自身正社員からフリーターで働く事になりどの様に感じたかについて紹介します。

最初に感じた事は固定費が高いと感じました。

 

食費など節約してもだいたい15万程の費用が毎月発生したおり結構きつかったです。

詳しくは以下の通りとなります。

私の固定費

  • 家賃   70000円
  • 電気代  10000円
  • ガス代   5000円
  • 水道代   3000円
  • 食費   30000円
  • 雑費   20000円
  • ケータイ代 12000円
  • 保険代金 35000円

フリーターの場合、健康保険料や年金がかかるのはでかい。

フリーターの時の給料を見てみると、15万円くらいでしたので貯金を崩しての生活は結構メンタル的にきつかったです。

 

やっぱりフリーターで一人暮らしはきついね、、

正社員で働いていた時は、給料とは別に住居手当が付いていたので金銭面で困る事はありませんでした。

毎日が節約で基本的には、外食やコンビニに行かずスーパーで食材を買って自炊したり、携帯を格安SIMに切り替えたりする事で生活していました。

ポイント

格安SIMを使うと12000円もあった通信料を1500円まで落とす事ができますのでかなり助かりました。ドコモの携帯を使っていましたが、全然不便に感じませんでした。

非正規だと家を借りにくい

フリーターの場合家を借りる際審査に引っかかる事も少なくありません。

私自身、家賃が高かったので5万程度の家を借りようと思いましたが審査に引っかかりました。

家を借りる場合以下の2点を押さえる注意点

  • 週5以上、一日8時間以上働いていること
  • 一定の収入があり、給料証明書が必要な場

以上の2点をそろえることで自分はきちんと継続してお金を払える事を証明しないといけません

ポイント

「預貯金審査」と言う方法もあり、貯金の残高を見せ家を契約する方法もあります。

※家賃の1年から2年の貯金が必要になります。

手取り当たりの家賃相場

次に手取り当たりの家賃相場について紹介します。

 

手取りの金額から家賃を選びに欠かせないです。

手取り14万円  家賃46000円

手取り15万円  家賃50000円

手取り16万円  家賃53000円

手取り17万円  家賃56000円

手取り18万円  家賃60000円

私がフリーターで一人暮らしをしていた時の手取りが15万円で家賃が7万円だったのでかなりきつかったです。

実家に戻れば家賃を含めた固定費もタダになりますし、ある程度お金を貯めてから転職活動やもう一度一人暮らしを始める事をおすすめします。

実家に戻れない場合どうしたら良いの?

実家に戻れない場合はどうすれば良いの?

なんて方の少なくありません。

 

実家に戻れない場合「リゾートバイト」をする事をおすすめします。

理由としては、リゾートバイトでは家賃、光熱費、食費など無料で済むことができます。

生活費が全くかからないので3か月働けば50万ぐらいは簡単に稼ぐ事ができます。

ある程度お金が貯まればそこからもう一度一人暮らしをしたり、新しい事をチャレンジしたりする事をおすすめです。

no image
駆け出しブロガーにリゾートバイトがおすすめな理由

1暮らしはお金がかかるし、ブログを書く時間のないどうしたら良いですか? この記事では、ブログが駆け出しブロガーにおすすめな理由について紹介して行きます この記事の内容 リゾートバイト基本情報 駆け出し ...

続きを見る

リゾートバイトを始めるまでの期間について。

リゾートバイトを始めたいのですがどれくらい期間がかかります?

なんて疑問をお持ちの方も少なくありません。

 

結論から言いますと、リゾートバイトを始めるには1〜2ヶ月時間が必要です

リゾートバイトを始めるには5つの段階について説明します。

5つの段階

  • Web上で求人検索
  • 求人応募(派遣会社に登録)
  • 面接
  • 準備(持ち物、交通手段など)
  • 出発

上記の5つの段階を踏むのに2か月程かかりますのでしっかり準備して行きましょう。

本当に無料で行けますか?

リゾードバイトでは家賃、光熱費、交通費など無料で食事手当もつく求人もあります。

私が実際に和歌山県を夏休み期間に行ったことがあります。

 

その時繰り返しになりますが、家賃、光熱費、交通費は無料でした。

ここでは押さえておきたいポイントがあります。

注意ポイント

  • 交通費は後払い
  • 場所によっては食費が出ない

※案件によって全く違いますし、求人を確認したり、担当者の方に遠慮なく希望条件を伝える事ようにしましょう。

リゾートバイトの派遣会社ついて教えてください

次におすすめのリゾートバイトの会社4つについて紹介します。

リゾートバイト会社

  • グッドマンサービス
  • ヒューマニック
  • アプリリゾート
  • アルファリゾート

上記の4社は登録者数が多く、手当がしっかりしているのでおすすめです。

 

まずはどのような案件があるか確認してみましょう。

同じ求人でも派遣会社によって時給が違います。

 

時給が100円変われば1ヶ月当たりの給料が1万円以上差が出てしまう場合もありますので注意しましょう。

まとめ 失業した場合、一人暮らしはきつい

この記事では失業した場合、実家に戻る事をおすすめする理由とリゾートバイトについて紹介してきました。

私の自身失業を経験し、正社員で住んでいた家を継続して住んで感じた事なので信憑性の高い情報だと思います。

 

今現在、コロナウイルスの影響で仕事を見つかりにくい状況が続く中、政府の援助も信用できません。

 

こういう時こそ家族を頼る事をおすすめします。私自身最初は嫌でしたが、現在は最良の手段だったと言えます。

もし帰れなかった場合は「リゾートバイト」を始める事がおすすめです。

先の事はどうなるかなんてわかりませんし、安定の無い時代をこれから進むと言われています。

意外と「リゾートバイト」をきっかけでやりたい事とか見つかったりするかもしれませんよ。

-フリーター