リゾートバイト

リゾートバイトをコロナ禍で始める時の注意点3つについて

コロナ禍でもリゾートバイトはできますか?

上記の悩みにこの記事で答えています。

この記事の内容

  • コロナ禍でもリゾートバイトはできるのか?
  • コロナ禍でリゾートバイトをする際の注意点
  • コロナ禍でリゾートバイトをして良かった事

結論から話しますと、コロナ禍でもリゾートバイトを始める事は可能です。

しかし、普段のリゾートバイトと違い気をつけないと行けません。

詳しくは本編で解説しますが、普段より注意しないと行けない点があります。

注意点

注意点1 派遣先が休業となる場合がある

注意点2 接客業は感染リスクもある

注意点3 普段のリゾバより他のスタッフとの交流ができない

始める前にしっかりと担当の方と相談するようにしましょう。

前置きが長くなりましたが、早速本編に移りますね。

コロナ禍でもリゾートバイトはできるのか?

コロナ禍でもリゾートバイトはできるのか?

なんて思われている方は多いのではないでしょうか??

管理人

私自身の経験から話しますと、2020年の12月に香川県の求人に応募し、無地働く事ができました。

しかし、緊急事態宣言が発令している場合は殆ど募集をしている事は少ないので注意が必要です。

働いていたとしても緊急事態宣言が発令されてからシフトが削られ給料が支払われなかった人も少なくはありません。

私はラッキーな事に休業してからも勤務日の6割の給料を支払われているので生活は苦ではありません。

リゾバは生活費は殆どかかりませんからね

以下の記事に一人暮らしをした場合とリゾバした場合の生活費の比較をした記事を貼っていますので合わせて確認ください。

no image
フリーターにリゾートバイトがおすすめな理由

詳しくはコチラこの記事では、フリーターの人にリゾートバイトがおすすめな理由について紹介しています。 詳しくは本編で紹介しますが、間違いなく言える事はただのアルバイトよりリゾートバイトの方が良い言えます ...

続きを見る

私がコロナ禍でリゾートバイトを始めた理由

何故私がコロナ禍でリゾートバイトを始めたのかについて紹介します。

理由としては2つあります

理由

理由1 実家暮らしだから

理由2 都会で働く事が怖い

それでは詳しく説明していきますね。

理由1 実家暮らしだから

まずは最初の理由としては、リゾートバイトを始める前は実家暮らしで家族と同居していたことが一番の大きな理由だと言えます。

家族に感染させたくないよね、、、、

コロナで1番意識しないといけない事は、自分が感染しているかもしれないなど人との距離をとり3密を避ける事が必要だと言われており、その為家族と同居する事はかなりのリスクを伴うわけです。

よくニュースで家庭内感染が増えてきたなど見ることが増えてきましたよね、、、

もし家庭内クラスターなど引き起こした場合のリスクを考えた場合、最低でも2週間の隔離生活や家族が高齢だった事もあり暫くは実家に帰る事を辞める決断を致しました。

理由2 都会で働く事が怖い

二つ目の理由は、都会で働く事が怖いくなったからです。

今は都会の方が怖いよね、、、

緊急事態が発令されたとしても、そこまで人は自粛しません。

大阪で働いておりましたが、電車の中の人はそこまで減っておりませんでした。

この時代だからこそ地方でもそこまで不便な思いもしませんし、地方の方が魅力を感じました。

実際にリゾバで香川県まで行きましたが近くにスーパーやコンビニがあるので何一つ不便な思いはしていません。

コロナ禍でリゾートバイトをする時の注意点

次にリゾートバイトに実際に行って感じた事や周りのリゾートバイトをしている人などに聞いて注意しないと感じた事を以下にまとめました。

注意点

注意点1 派遣先が休業となる場合がある

注意点2 接客業は感染リスクもある

注意点3 普段のリゾバより他のスタッフとの交流ができない

これらの注意点をしっかりと抑えてからリゾートバイトに行くか検討しましょう。

注意点1 派遣先が休業となる場合がある

まず最初に注意しないといけない事は、派遣先が休業になる可能性がある事です。

リゾートバイトの仕事の殆どが観光地にある為人が自粛している緊急事態宣言下の場合休業となる可能性が高い事を頭の中に入れておきましょう。

実際に私が経験した事を説明しますと、シフトが入っていた日でも関係なくその日は休業扱いとなっていました。

私の場合は運が良い事に序盤でも話しましたが、給料の6割は貰えましたが、派遣先との契約状況で給料を支払われない場合もあるので注意が必要です。

リゾバに登録した場合、担当者に休業補償が出るか、出ないか確認してからリゾバに行くようにしましょう。

休業補償が出ないときついね、、

注意点2 接客業は感染リスクもある

リゾバ募集している職種の殆どはホテルや旅館の接客業がほとんどの為人と接する事が多いので感染するリスクも少なくありません。

観光地が殆どの為仕方のない事ではありますが、、

こればかりは仕方がない、、、

もし働く場合コロナ対策はどうしているか派遣先に必ず聞くようにしてくださいね。

上記の内容など気になった事は都度派遣会社の担当の方に相談し、ミスマッチを防ぐようにしましょう。

注意点3 普段のリゾバより他のスタッフとの交流ができない

普段のリゾートバイトとよりも他のスタッフとの交流をすることができなくなっている事も少なく有りません。

理由としてはできるだけ3密を減らすべく派遣先のコロナ対策は徹底しているからです。

実際に私が行った場所では以下の対策を取っていました。

コロナ対策

  • 検温
  • 手洗い・うがいの徹底
  • 共同スペースの使用停止
  • 他のスタッフを部屋に呼ぶ事の禁止

などのコロナ対策を徹底していました。

コロナ以前から異性を寮に呼ぶ事は禁止となっていた事は多かったですが、コロナの影響を受けて同性のスタッフを部屋に入れる事も禁止となっている事も少なく有りません。

実際に私が派遣された場所でも退寮処分となった方もいますので今リゾートバイトを考えている人はその点気をつける必要があります。

コロナ禍でリゾートバイトをして良かった事

ここまではコロナ禍でリゾートバイトするにあたり注意するべき点について紹介してきました。

ここからは私がコロナ禍でリゾートバイトをして良かった事について5つ有りましたので詳しく紹介していきます。

良かった事

良かった事1 時間がありブログに力を注ぐ事ができる

良かった事2 休業補償がある場合もある

良かった事3 ゆっくり休める

良かった事4 短期で他のバイトをする事も可能

良かった事5 家賃や光熱費が無料なので生活費に困らない

上記の5つについて詳しく紹介していきますね。

良かった事1 時間がありブログに力を注ぐ事ができる

私自身ブログを書いているのでブログを書く事に力を注げる点はかなりのメリットと言えます。

繁忙期の時はブログの更新が出来なかったので時間が出来たことはかなりのメリットでした。

時間の使い方ひとつでその後の人生が変わります。

パソコンを使って副業をしている人にはこの時間は有意義に使えるのでネットで副業していない人はこの機会に副業をすることをお勧めします。

おすすめな副業について下記で説明していますので合わせて確認してください。

no image
リゾートバイトダイブの特徴・口コミ

今回はリゾートバイトの派遣会社のダイブについて紹介します。 この記事ではリゾートバイトの派遣会社ダイブについて詳しく紹介します。 目次1 ダイブは初めてのリゾートバイトにおすすめの派遣会社2 ダイブの ...

続きを見る

良かった事2 休業補償がある場合もある

序盤から何度か説明しましたが、派遣先によって休業補償をもらえる場合もあります。

本当に休業手当があるか、ないかで生活って変わりそう、、

派遣先によって雇用の条件が違いますので登録の際しっかりと確認しておきましょう。

私の場合ですが、給料の6割の給料が支払われる条件でした。

生活費などそんなに必要としないので無給と比べるとかなり良い条件だと言えます。

良かった事3 ゆっくり休める

この休業期間にゆっくりと休む事もできます。

リゾートバイトの場合激務の場合もありますのでこの期間はあえて何もせず休む事もお勧めです。

具体例私自身年末年始に1日10時間以上働いたので結構疲れていたので最初の数日間は何もせずゆっくりと過ごしていました。

良かった事4 短期で他のバイトをする事も可能

この期間に短期のアルバイトを始めたりする事もお勧めです。

休業補償もありますが、給料が減るので稼ぐためにアルバイトを始めるリゾバの仲間も数多くいました。

この期間にアルバイトをしたら

リゾバ+アルバイトの給料になるのでかなり稼げるので魅力的ですよね。

良かった事5 家賃や光熱費が無料なので生活費に困らない

理由最後になりますが、家賃などの生活費が困らない点がリゾートバイトの最大のメリットだと私は考えています。

具体例もし一人暮らし中に休業要請などで働けなくなった場合、家賃や光熱費を支払い生活がさらに苦しくなっていたはずです。

項目1人暮らしの場合リゾートバイトの場合
家賃70000円0円
光熱費20000円0円
食費30000円0円
雑費20000円20000円
ケータイ代10000円10000円
保険代金35000円35000円

上記のグラフを見て分かる通り一月あたり10万円ぐらいの出費の差があります。

その為私の様に休業手当で給料が少なくなったとしても不自由なく生活をする事が可能です。

おすすめの派遣会社5選

次にコロナでもリゾートバイトを募集している派遣会社について紹介します。

求人数は少なくなったとはいえ派遣以下の派遣会社を通すことでリゾートバイトを始める事ができます。

リゾートバイト派遣会社

[体験談]コロナ禍でレオマワールドで働いた話

私自身、ヒューマニックを通して2020年の冬頃にレオマワールドのアトラクションスタッフとして働いていた経験があります。

実際に感じたことは、消毒など徹底しておりコロナ対策がしっかりとできている印象を受けました。

緊急事態宣言禍の時でも、休業手当を頂けたの給料は少なくなりますが生活に不自由なく生活をする事ができました。

レオマワールドについて過去に記事にしていますので合わせて確認して下さいね。

[体験談]リゾートバイトでレオマワールドで働いて感じたこと

今回はこのような悩みにお答えします。 この記事の内容 レオマワールドの概要 レオマワールドの仕事内容 レオマでリゾバのメリット レオマでリゾバのデメリット 私の休日の過ごし方 今回はこのような内容でこ ...

続きを見る

まとめ リゾートバイトはコロナ禍でも始めることは可能

コロナ禍でもリゾートバイトを始める事は可能です。

注意点と良かった事についておさらいしておきましょう。

注意点

注意点1 派遣先が休業となる場合がある

注意点2 接客業は感染リスクもある

注意点3 普段のリゾバより他のスタッフとの交流ができない

良かった事

良かった事1 時間がありブログに力を注ぐ事ができる

良かった事2 休業補償がある場合もある

良かった事3 ゆっくり休める

良かった事4 短期で他のバイトをする事も可能

良かった事5 家賃や光熱費が無料なので生活費に困らない

実際にリゾートバイトして良かったと感じた事が多かったです。

確かに派遣先によって待遇など違い、休業手当が貰えない可能性があるので派遣先の担当者としっかりと確認する事が大切です。

リゾートバイトをする事は普通のバイトより得るものが多いと私は思います。

こんな時代だからこそ

  • やりたい事をする
  • 新しい事を始める

など挑戦する事であなたの人生をより豊かにすると私は思います。

-リゾートバイト