ブログ

[書くコツを徹底紹介]比較記事を書くメリット・デメリットについて

比較記事の書き方を知りたい。コツがあれば教えてください。

今回はこのような悩みに答えます。

記事の内容

  • 比較記事とは何か?
  • 比較記事を書くメリット・デメリット
  • 比較記事を書くコツについて

今回は比較記事について紹介します。

結論から言いますと、比較記事は商標ワードをタイトルに入れるので購買意欲の高い読者が訪れ直接成約に繋がる可能性が高いです。

比較記事を書くコツについて4つこの記事で紹介していますので最後までしっかりと見てくださいね。

それではさっそく本題に入ります。

アフェリエイトの記事の種類について詳しく下記の記事で紹介していますので合わせて確認してください

 

[商標・収益・集客]アフェリエイトで稼ぐ記事の内容について

アフェリエイトの稼ぐ記事の内容について知りたいです。稼ぐ仕組みについても教えてください このような悩みをお持ちの方に向けて書いています。 アフェリエイトの記事を書いてもなかなか稼げませんよね。 今回の ...

続きを見る

比較記事とは何か?

最初にそもそも比較記事とは何かについて説明します。

比較記事とは、ブログやアフェリエイトで読者に商品を売る為の記事の書き方のひとつです。

記事のタイトルは以下の様になります。

  • 「商品A]と「商品B]実際に使ってみて感じた事
  • 「サービスA」と「サービスB」徹底比較どちらのが良いのか?

比較記事を書くか、書かないかで収益にも直接関わりますのでかなり重要な手法と言えます。

まだ書いた事無いって人は是非書いて見てくださいね。

比較記事を書くメリットについて

それでは、詳しく比較記事を書くメリットについて解説していきます。

主にメリットとしてして以下の事があげられます。

比較記事メリット

どちらかを買うか迷っている読者が記事に訪れる

他のコンテンツと差別化できる

記事名が商標ワードなので成約率が高い

ひとつひとつ解説しますね

どちらかを買うか迷っている読者が記事に訪れる

1つ目のメリットとして、どちらかを買うか迷っている読者が記事に訪れ成約の可能性が高い事です。

比較記事で訪れる読者は検索窓で「商品A  商品B 比較」や「商品A 商品B」で検索しており、どちらかを購入前提で調べ物をしています。

 

どちらかは買う前提で調べていますので、必然的に比較記事は成約率が高くなると言う訳です。

すでにどちらかの商品を買う状態なので、良いと思った方を購入します。

その為読者hが求めている情報を記事で返せば、そのまま成約に繋がることができます。

比較記事の場合、アクセス数が少ないですが、訪れた人は高確率で商品が売れるので書いて行きましょう。

他のコンテンツと差別化できる

2つ目は、比較コンテンツを作成する事で他のコンテンツと差別化する事が可能になります。

そもそも比較記事を作成するには2つの商品を購入して実際に使用した事をまとめる必要があるため、レビュー記事に比べて手間がかかります。

手間がかかる分比較記事を作成するアフェリエイターやブロガーなど少なくなり、他の記事と差別化できると言う訳です。

ポイント

比較記事を書く際は、商品を実際に買って使用して感じた事を正直に書くようにしましょう。そうする事でより記事にオリジナリティが記事にでき、Googleからの評価を得る事ができます。

Googleで検索上位を取る為には記事にオリジナリティのあるものが絶対条件になります。

記事名が商標ワードなので成約率が高い

3っ目は記事名に商標ワードを入れているので成約率が高くなります。

商標ワードとは、記事のタイトル名に商品の名前が記載されている記事の事を指します。

そもそも商品名を検索してくるユーザーは、その商品のことはすでに知っていて商品の情報を詳しく知りたいはずです。

例えば、「英語+教材+勉強」で検索した場合、商品ではなく、勉強方法など、商品に関係のない情報も含むため、成約に結びづらいです。

商標ワードの場合、購入するか迷っている状況が多いので成約率高めという事です。

比較記事を書くデメリットについて

比較記事を書くメリットについて紹介してきました。

次にデメリットが2つありますので紹介します。

比較記事デメリット

時間がかかる

商品を2つ購入するので費用がかかる

時間がかかる

1つ目は、記事を作成する事に時間がかかる点です。

比較記事は商品を2つ比較して、違いを分析して記事にしないといけないので時間がかかります。

しかし、自分なりの意見を書くので記事にオリジナリティがある記事に仕上がる事に加え、競合が少ないキーワード選定をする事ができます。

競合が少なくなる事で検索上位を狙いやすいので面倒くさくても書く価値は大きいです。

商品を2つ購入するので費用がかかる

2つ目のデメリットは、商品を2以上購入し費用がかかる事です。

レビュー記事の場合、商品を1つ購入すれば記事を書くことができますが、比較記事の場合商品を複数購入するのでその分費用がかかります。

費用はかかりますが、比較記事は他の人と差別化でき独自性の高い記事を書く事ができます。

先程も述べましたが、独自性の高い記事はSEOに好かれますので費用がかかっても書いておきましょう。

比較記事を書くコツについて

メリット・デメリットが分れば次に比較記事を書くコツについて理解しましょう。

ここからは詳しくどのようにして比較記事を書けば良いのかについて紹介します。

比較記事を書くコツ

何を比較するかまとめる

比較表を作る

商品の選択を委ねる

独自の視点・持論を解説する

上記のコツ4つを押さえれば迷わずに比較記事を書く事ができます。

それではひとつひとつ詳しく説明しいますね。

何を比較するかまとめる

まず、最初に商品の比較するポイントをまとめる事から始めましょう。

例えば、私の場合商品の以下のポイントを比較して記事を作成しています。

比較ポイント一例

商品の年齢層

商品の金額

使いやすさ

初心者向きか

良い面と悪い面

など、その商品を手に入れて、読者の悩みを解決できそうな事を比較対象にしましょう。

悩みを解決できなかった場合読者は離脱してしまい、他のサイトに行ってしまいます。

ポイント

商品のメリットだけではなく、デメリットについても書く事が大切です。理由としては他のサイトでは良い面しか書いていない記事も多くあり、悪い面を含めて書く事で他サイトに書いていない情報を提供する事ができます。

比較表を作る

比較表を作って何をどう比較しているか読者に分かりやすくしましょう。

WordPressでブログを作る際に、TinyMCEAdvncedというプラグインを入れると「テーブル」を入れることができます。

内容商品A商品B
金額1万9000円
使いやすさ
初心者向き
良い点使いやすい1万円以内
悪い点少し高い商品Aの方機能が充実している

例えば、上記のような比較表を作れば記事が見やすくなります。

最初はテーブルを使う事に慣れないと思いますが、比較記事を作成する際に必須であると言えるでしょう。

商品の選択を委ねる

片方の商品をおすすめするのではなく、商品の選択を読者に委ねましょう。

なぜかと言うと、片方の商品だけ勧めても商品を買わされた感が出てしまい不審に思う原因にもなります。

たとえば、

値段の安さは、商品Aの方が安い

性能の良さは、商品Bの方が良い

上記のように、どちらを選んでもメリットがあり商品の選択を読者に委ねる書き方をする事で成約率を上げる事に繋がります。

独自の視点・持論を解説する

比較記事を検索して訪れる読者は、商品の情報だけでなく、自分以外の視点や感想を知りたくて訪れています。

正直商品の情報だけだったら企業のホームページを見れば乗ってます。

商品を実際に使ってみてどう感じたか、どのように比較して良かったか、独自の視点で比較された記事は読者に読まれます。

また、どっちの商品が良かったか、結論を明確にしましょう。

結論を出さなかった場合、読者は「どっちの商品が良かったの?」となってしまい商品を選ばず記事から離脱する可能性が高くなってします。

まとめ 比較記事を作り、他の記事と差別化を図ろう

この記事では、比較記事のメリット・デメリットと比較記事を書くコツについて紹介してきました。

もう一度比較記事を書くコツについておさらいしましょう。

比較記事を書くコツ

何を比較するかまとめる

比較表を作る

商品の選択を委ねる

独自の視点・持論を解説する

比較記事のコツさえ分かれば実際に記事を書くだけです。

おすすめの記事を貼っていますので合わせて確認してくださいね。

-ブログ